事例紹介

Case Study
1年半で350社以上導入!

業務削減という守りのみならず、攻めのRPAとしても活用しています。

小売業

株式会社 H様

本社:中国地方

RPA導入を考えたキッカケ/なぜ導入を決めましたか?

単純な入力作業のためにパートさんを雇っていました。
パートさんにはそれ以外にお願いしたい仕事があったので、入力作業をRPAで行いたいと思ったことがきっかけです。

中でも「EzRobot」を選ばれた理由を教えてください。

他社のRPAをまず導入し、自動化していたのですが、EzRobotに替えました。
理由は、まず価格が安いこと。
それに加え、他社のRPAは専任で行うのであれば良いのですが、通常業務をやりながら空いた時間で自動化するにはEzRobotの方が簡単で優れていると思いました。

導入はスムーズに進みましたか?  課題点・問題点があったとしたら、どんなものだったでしょうか?

空いた時間でロボットを作っているため、その中でどう成果を上げていくかが課題です。
また、社内でRPAを認知・意識している部署が限られているので、他の部署からも自動化のアイデアを吸上げる仕組みを作っていくことも課題です。

どんなロボットを作っていますか?なぜそのロボットを作ったのでしょうか?

・.経理とフロント部署で二重入力していた業務の自動化
・.基幹システムからcsv出力し所定のフォルダに移動するロボット
・ほぼ丸一日かけて.部品原価を基幹システムに手入力していた業務の自動化。取引先からはデータをExcelでもらうように変えました。
・Webから情報収集し、BIツールに転記・分析するロボット

単純作業の自動化に加え、BIツールを活用し今まで行っていなかった分析を行うようになりました。
その中で様々なことが分かり、営業目標策定のインプットとして重宝しています。
業務削減という守りのみならず、攻めのRPAとしても活用しています。

その他、「ココがいい!(よかった)」という点があれば教えてください。

ビジネスチャットでいつでも質問が出来ることがとても便利です。
また、テレビ会議でのサポートもあり、安心して取り組めます。

今後どのように活用していきたいですか?

攻めのRPAは今後もより充実させていきたいです。
また、社内・他社の事例を社内共有して、バックオフィス業務の自動化も行っていきたいです。

御社にとって、今「EzRobot」はどんな存在ですか?

夜中に何百件もの処理をロボットが行い、出社したら処理が終わっています。
今やEzRobotなしでの業務は考えられません。

関連記事