事例紹介

Case Study
1年半で350社以上導入!

プログラミングの知識が無くても動かせるので、パートさんでもRPAを操作しています。

会計事務所

A税理士法人様

本社:非公開

RPA導入を考えたキッカケを教えてください。

ルーチンワーク・単純作業を自動化することで、人材確保の問題や労働時間の短縮・高付加価値業務へ時間を投下するために導入しました。

中でも「EzRobot」を選ばれた理由を教えてください。

RPAを動作させるために必要な機能に絞っている事と、プログラミングの知識が無くても直感的に操作できる事が決め手です。

導入はスムーズに進みましたか?  課題点・問題点があったとしたら、どんなものだったでしょうか?

課題は2つありました。
・弊社で利用している基幹システムはマウス操作が多くRPA自体との相性があまり良くない
・業務が属人化しており、担当者によって業務手順や出力帳票が異なる

それらを解決するためにどうされましたか?

エクセルVBAと併用する、シナリオを細分化し自動化できないポイントで従業員による手動での操作・確認を行うこととしました。 また、事前に業務を標準化しました。

どんなロボットを作っていますか?  なぜそのロボットを作ったのでしょうか?

・各種ソフトからデータを出力し基幹システムに転記
・基幹システムで帳票を出力しファイルサーバにデジタル保存及び紙に印刷
各種のデータ転記するだけ、又は帳票を出力するだけの誰にでもできる作業に時間を投下するのは勿体ないと考えたため自動化しました。

導入による業務削減効果、負担削減効果は?

従前との厳密な時間対比はしていないませんが、所内の声からすると、単純作業が削減された分特に決算等の所要時間が減ったという評価を得ています。

その他、「ココがいい!(よかった)」という点があれば教えてください。

RPAを動作させるのにプログラミングの知識が無くても動かせるので、パートさんでもRPAを操作しています。

今後どのように活用していきたいですか?

全職員に浸透させて、誰もがRPAの作成・操作が出来るようにしていきたいです。

御社にとって、今「EzRobot」はどんな存在ですか?

社内では業務時間削減に大きく活躍しています。 今後は、この効果を自社のお客様へもご提供できる可能性を持つツールと期待しています。

関連記事